いちごの紹介

いちごの紹介

あまりん(埼玉県)林家たい平が命名

果皮は真っ赤で丸みのある円錐形
糖度が16~18度と高く、酸味が穏やかで、ジューシー
果肉はやや硬く、日持ちが良く輸送性が高い

あきひめ(静岡県)

甘くて、酸味が少なく、大き目の細長い円錐形のイチゴ
収量は多いが、果肉がやわらかく、あまり出荷には向かない。

おいCベリー(農水省)

果皮は光沢のある濃い赤色で、縦長大きめの楕円形
果肉はかなり硬めで、糖度が高く、日持つが良い。
最大の特徴は、ビタミンCが豊富で、高い抗酸化活性をもつこと

かおり野(三重県)

果皮は明るい橙赤色で、円錐形
果汁が多く、酸味が穏やかでさっぱりとした甘み、果肉は硬め

かおりん(埼玉県)林家たい平が命名

香りが強く濃厚な味わい
果肉が少しやわらかめで、果汁が多い
糖度は15度前後で、甘みと酸味のバランスが良い

かんな姫(愛知県)

酸味が少なく、甘みが強い品種
親は「紅ほっぺ」と「さがほのか」

恋みのり(農研機構)

果肉が硬めで日持ちが良く輸送性が高い
2L以上の大玉率が高い。
果房の野費がよく、果実が見つけやすい
糖度があまり高くないが、食味がよく、香りが強い。

彩のかおり(埼玉県・越谷市)

埼玉県が開発した品種で、現在は原苗が越谷市に移管されている
甘み、酸味、香り、口当たりのバランスの良いイチゴ
栽培が難しく、収量が少ない。

紅ほっぺ(静岡県)

甘みと酸味のバランスの良い
果肉がやや硬めで、果皮は鮮やかな赤色でやや大きめの細長い円錐形なイチゴ
収量は多い

よつぼし(三重県、香川県、千葉県、九州沖縄農業研究センターの4機関の共同開発品種)

種子で繁殖が可能な品種
害虫被害による収量の低下がほとんどなく、多くの収穫量が見込める
外皮はきれいな光沢を帯びた真っ赤で、程よい酸味と甘さが凝縮したイチゴで香りも良い